Cover Photo


 昨今、持続可能な地域包括ケアシステムの構築が求められており、多岐に渡る関係者との連携の重要性が高まっています。一方で、福祉の現場では電話やFax・メールでの連絡が多く、情報の共有がスムーズにできないお悩みも多いのではないでしょうか?

 そのような中、サイボウズのグループウェアを活用して「地域関係者間の連携プレー」と「業務の効率化」を同時に実現している自治体があります。


 本セミナーでは、先進自治体での活用事例を中心に、誰でも簡単に使いこなせるツールをご紹介いたします。個別相談会の時間も設けておりますので、IT化による情報共有をご検討されている方はぜひ、ご参加ください。

​【1】“先進自治体の事例から学ぶ!地域包括ケアシステムの連携を高める情報共有とは?”

【2】“ITが苦手でも大丈夫!誰もが簡単に使える情報共有ツールの活用”

【3】個別相談会

​・地域包括支援センターの管理運営をされている方 
・社会福祉協議会での情報共有事例にご関心のある方
・地域包括ケアシステムのご担当をされている自治体職員様
・地域福祉における業務の効率化にご関心のある方


サイボウズ株式会社

日本橋オフィス


〒103-6028 東京都中央区日本橋2-7-1

東京日本橋タワー 27階

カンファレンスルーム2


詳しい地図はこちら


無料


お気軽にご参加くださいませ。

2018年 11月 29日(木)

​時間:14:00~15:30


2018年 12月 19日(水)

時間:14:00~15:30